3838ブログ

ハチミツ、プロポリスを主として書いて行きます。

ハチミツとプロポリスその違いについて

こんにちは、みつばちです。

ハチミツって甘いけど、どうやって作っているの?

プロポリスって、体に良いと聞くけど何がどうなの?

 

今日は、良く聞かれるハチミツとプロポリスの違いについてお話しします。

 

ハチミツは、ミツバチ達が野にある花々から集めてきた物。

ハチミツは、花々が作ったものです。

 

プロポリスは、樹木の皮 樹皮を噛み砕く事によりミツバチからの酵素が混ざった蝋状のものです。ハチヤニと言います。

 

このハチヤニの塊から抽出したものが、プロポリスです。

 

天然の抗生物質と言われています。

 

いずれもミツバチからの贈り物ですが、

似て非なるものですね。

 

先ずは、ハチミツ。

 

f:id:mitsubachi38:20210221115513j:image

 

今、国内で流通しているその殆どが、外国からの輸入物です。

国産ハチミツの割合は、10%以下です。

その中で、採取したハチミツに一切の手を加えずただビンなどの容器に詰めただけの物となると更に少なくなります。

 

純粋な国産ハチミツ、貴重なものになりますね。

 

次に、プロポリスです。

f:id:mitsubachi38:20210221115535j:image

西洋では、古くから民間治療薬として広く普及していたそうです。

1985年に日本で開催された第30回国際養蜂会議で紹介されたことから、日本でも広く知られる様になりました。

 

本来は、ミツバチ達が自分自身や自分達の巣を守るためのものです。

が、私達人間にも非常に役立つ代物なのです。

 

さまざまな書籍も出ています。

ぜひ、お読みください。

 

 stores.jp に続き 

BASEにもお店開店致しました。

 

 

スポンサーリンク

mitsubachi38.base.ec

f:id:mitsubachi38:20210321072029p:plain

 スポンサーリンク

 

 

 

今回は、ここまでです。

拙い話を最後まで見て頂きありがとうございました。

また次回のブログでお会いしましょう‼︎